ホーム診療案内看護局 > サイト1




護局について 

 

 御挨拶

美濃市は清流長良川を間近に望み四季折々の自然環境に彩られています。美濃市唯一の公立病院として、地域住民の健康支援を担い、地域の方々から選ばれる満足度の高い医療サービスの提供を行い、地域貢献できるよう取り組んでいます。
当院は、病院と地域をつなぐ活動として、訪問看護ステーションを有し、「顔の見える継続した在宅支援」に力を入れています。
看護においては、「地域に寄り添う ぬくもりと安心の看護」を看護局の理念に掲げ、患者の生活を切らない、その人らしい生き方が実現できるよう支援し、それぞれの役割を十分発揮して、しっかりつなげる「連携」を大切にしています。そのために、専門領域を深め、横断的に活動できるよう平成22年から専門看護チーム活動をしています。
少子高齢化社会、疾病構造の変化に伴い、私たちの対象が変化しています。変化に対応できるよう看護師のケア水準を上げていくことが必要です。感性豊かな看護師の育成を行うためにそれぞれの経験や能力に合わせたキャリア開発が行えるよう支援を行っています。当院は離職率が低いのが特徴です。幅広い年齢層への支援を行うことで、仕事と生活をうまく両立してイキイキライフを送っています。
看護職員一人ひとりが自律し、活き活きと安心して働き続けられる元気な職場、人を大切にできる組織を目指しています。

美濃市立美濃病院 
        看護局長 伊藤 稔子
                                  

 

看護体制
平成26年4月より病棟ではパートナーシップナーシングシステムを採用し、2名以上の看護師がペアを形成し、お互いに協力し業務を行う体制をとっています。安全性の向上、業務の円滑化、効率化を図り、看護師相互の成長を促すシステムです。新採用者も安心のサポート体制です。
 看護記録
基本的な看護過程は、看護診断を採用しています。記録の効率化を進め、電子カルテ上でできるだけ簡略に必要な記録が記載できるよう、テンプレートの作成も積極的に行っています。多職種による一元化した電子カルテにより情報共有を進めています。
ページの先頭へ戻る
地域の皆様へ
患者様へ 医療関係者の方へ
当院について 健診・人間ドック 訪問看護ステーション清流 新着情報