2匹の子猫との新しい生活

外来業務について
こんにちは。
外来には、日々、様々な症状を持った患者さんが来院されます。
外来看護師は、患者さんが安心、安全に治療、検査が行えて帰宅して頂けるように、援助しています。
問診、採血、点滴、救急患者さんの対応、療養指導など業務は、多忙ですが患者さん、ご家族に寄り添った看護が出来るようにスタッフ一同実践、努力しています。
そうして不安なく自宅での療養生活を続けて頂く事が出来たら幸いと思います。

M看護師の近況:2匹の子猫との新しい生活
11月10日、わが家に生後2か月の子猫がもらわれて来ました。
近所の知り合いのその又、知り合いの隣人の家に生まれた4匹のうちの2匹です。
初めは、1匹予定でしたが、昼間、留守で1匹では、可哀想という事で2匹になりました。
姉妹猫です。色は白猫と黒猫です。名前は、シロ・ニクロと名付けました。
黒猫は、家では2代目なのでニクロとなりました。
シロは結構、美人です 黄ハート
予防接種のため動物病院に行った所、先生から外は危険で病気になるから出来たら出さないでと言われました。だから家の中にずっといます。
1代目の黒猫は外に出ていたので病気にもなりましたがある意味、自由だった気がします。どちらがいいか分かりませんが、今は元気で2匹が家の中を走り回っています。
おかげで家の中はクチャクチャで、大変です。
取っ組み合いの喧嘩もしますが、とても仲良しでもあります。
体重は来た時は800gでしたが、現在では500g増えて1350gとなり、中猫になりつつあります。
2匹の子猫、シロ&ニクロが私の癒しとなっています 黄ハート