ホーム診療案内 > リハビリテーション室

リハビリテーション室

概要

リハビリテーションとは、re(再び)とhability(社会性)を合わせた言葉で、広くは社会復帰という意味ですが、病院では一般的に、病気や怪我で失われた機能の回復や能力的障害あるいは社会的なハンディキャップを克服するという意味で多くは使われます。

当院のリハビリテーション科は、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)の施設基準承認施設として、理学療法士7名、作業療法士1名、言語聴覚士1名、助手1名のスタッフで運営しています。

主な対象疾患は、変性疾患や外傷などの整形外科一般、脳血管障害などの内科的疾患、また、外科の手術後早期から離床促進や呼吸理学療法など、幅広く行っています。
さらに、近年在院期間の短縮に伴って在宅での療養が進むにつれ、訪問リハビリの要望も増え、少しずつですが当院でも対応しています。また、美濃糖尿病センターのスタッフの一員として、糖尿病療養指導士が、糖尿病の運動指導についても積極的に取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る
地域の皆様へ
患者様へ 医療関係者の方へ
当院について 健診・人間ドック 訪問看護ステーション清流 新着情報