ホーム診療案内 > 臨床工学室

臨床工学室

臨床工学技士とは?

臨床工学技士は、厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に、人の呼吸、循環又は、代謝の機能の一部を代替し、補助する生命維持管理装置の操作および保守点検を行うことを業とする資格です。

今日の医療において医療機器は欠かせない存在であり、24時間365日、院内各部署で数多く使用されています。臨床工学技士は、医療機器を安全かつ効率よく運用できる体制を整え、安全でより良い医療を提供できるよう努めております。

臨床工学室の業務

臨床工学室では主に、医療機器の管理、血液透析や血漿交換などの血液浄化業務、そして手術室、救急室などにおいて臨床技術提供を行っています。
 
   血液浄化(人工透析)
透析室において医師、看護師と協力し透析業務を行うとともに、DHP(エンドトキシン吸着)や腹水ろ過濃縮などの血液浄化を行っています。
     
  医療機器管理
院内の医療機器が安全に使用できるよう定期点検や修理を行うとともに、機器更新の判定なども行い、経済的効果にも寄与する事を目指しています。
     
    手術用医療機器操作・管理
手術室では、麻酔器や内視鏡手術装置など医療機器の保守管理、修理、トラブル対応や、術中自己血回収など手術の立会いを行っています。
     
    人工呼吸器管理
院内で使用する各種人工呼吸器の保守管理とより良い治療を行うため、使用前・使用中・使用後点検を行うとともに、人工呼吸器の設定サポートを行っています。
     
    ペースメーカーチェック
ペースメーカー患者さんの電池寿命など定期的なチェックを行っています。
ページの先頭へ戻る
地域の皆様へ
患者様へ 医療関係者の方へ
当院について 健診・人間ドック 訪問看護ステーション清流 新着情報