ホーム診療案内看護局 > サイト1

 





署紹介

 

   病棟2階
整形外科と内科、眼科を主に担当している32床の病棟です。リハビリ職員との連携も強く、ADLの回復を目的とした看護を行っています。特に整形外科疾患の患者さんには、退院後の生活をイメージできるように早い段階から退院に向けての準備を行います。回復に時間を要する場合などは4階の地域包括ケア病棟との連携を行っています。
明るく元気な整形外科病棟スタッフです。

 

    病棟3階
45床の外科、内科の急性期病棟です。入退院、転床も多く忙しい病棟ですが、エネルギッシュに業務を行っています。チームワークもよく、安全やケアの充実のために積極的な試みを行っています。また、がん看護も3階を中心に行っており、化学療法や緩和ケアなど専門的な知識に基づき、患者さんと共に治療を進めています。
      
     退院支援カンファレンスの様子 電子カルテで情報を確認しながら話し合います
   病棟4階
4階は回復期の患者さんが、在宅への退院準備を行う地域包括ケア病棟です。回復を促すリハビリ等を行いながら、在宅で過ごすための準備を行います。必要な看護ケアの指導や在宅療養で必要な用品の準備、介護サービスの準備などを担当看護師やMSW(社会福祉士)とともに行います。安心して在宅の生活が再スタートしていただけるよう、支援を行います。

              ほっとあたたか 4階のスタッフです

外来 透析室 内視鏡室
みの健康管理センターオープン、外来棟増築に向けて力を合わせて準備を行っています。新外来では待ち時間をより快適に安心に過ごしていただけるような改善を目指しています。
外来看護師は、ご自宅での療養生活をささえるため、様々な相談や指導を行っています。
内視鏡室では、患者さんが安心、安楽に検査を受けていただけるような説明や検査中の配慮を行います。透析室では、長時間の透析時間を苦痛なく過ごしていただけるとともに、その時間を活用した様々な生活上のアドバイスなどを行っています。それぞれの部門、専門領域で力を発揮します

 

手術室・材料室
年間800件前後の手術を、実施しています。大きな不安と共に入室される患者さんに安心と安楽を提供するため、様々な配慮を心がけています。手術時際しては医師とのチームワークを重視し、安全な手術のための援助を行っています。

             緊張の中にも笑顔を忘れずにがんばります

 

訪問看護ステーション 清流
病院から退院しても、医療や看護の必要な方に対して、入院中から在宅療養の相談を受けることができます。在宅では、様々な医療的援助のみならず、療養生活全般の相談を受けながら調整を行い、安心で快適な在宅でのくらしを支えます。また自宅で人生の最期を迎えたい、みとりたいと思われる家族にも寄り添い、その思いに応えられるような支援を行っています。

 

 

             ご自宅でじっくりと患者さんとむきあいます

ページの先頭へ戻る
地域の皆様へ
患者様へ 医療関係者の方へ
当院について 健診・人間ドック 訪問看護ステーション清流 新着情報